派遣労働Q&A

厚生労働省から発表されているQ&Aをカテゴリーごとに掲載いたしました。

​※一部注釈が入っております。

​INDEX

Please reload

 
 

派遣で働き始める前に知っておくこと

Q1:派遣労働とは

現在、仕事を探しています。求人情報誌によると、派遣労働者の方がパート・アルバイトに比べて時給が高いようなので興味があります。派遣労働者とは、どのような働き方をする労働者なのですか?

​A:派遣労働者とは、労働契約を結んだ派遣元の指示で派遣先へ赴き、派遣先の指揮命令を受けて働く労働者です。賃金の支払いや社会保険・労働保険の加入手続きは派遣元でおこない、業務は派遣先でおこなうなど、指揮命令をする会社と賃金を支払う会社が別となることが大きな特徴です。

Q2:派遣と請負の違い

私は請負業者の社員ですが、発注者であるメーカーに派遣されて働 いています。このような働き方は、「偽装請負」に該当するのでしょうか。

A:自分の使用者(請負業者)からではなく、発注者(注文主)から直接業務の指揮命令を受ける場合は、違法な「偽装請負」である可能性があります。請負とは、請負業者が注文主と請負契約を結んで仕事を引き受け、請負業者自身が雇用する労働者を指揮命令して、請負業者の責任で仕事を完結させるものです。請負の場合は、労働者派遣と異なり、業務の遂行に関する指示や、労働時間管理に関する指示等については、請負業者自らが行います。

Q3:派遣労働で働ける仕事と期間

派遣労働で働くことができる仕事にはどのようなものがありますか。 また、同じ派遣先で何年間でも派遣社員として働くことができますか?

A:派遣法によって派遣を行ってはならないと定められている業務を除く全ての業務で派遣労働が認められています。派遣で働くことができる期間は、ケースによって異なります。以下を除きすべての業務で派遣労働が認められます。①港湾運送業務 ②建設業務 ③警備業務 ④病院等における医療関係業務(ただし、紹介予定派遣・産休等代替・へき地の医師を除く) ⑤弁護士・税理士等のいわゆる「士」業務(一部例外あり)